ねぶたとねぷた。に、日本の横笛文化を思う。

コンサートフルートと、ねぷた囃子用笛。

引き続き脱線中。中途半端な記事になりそうですが、どうしても気になったので。

先日、気になるニュースが出てました。

青森ねぶた「笛の合同演奏人数」でギネス記録更新

青森県には「ねぶた」と「ねぷた」があります。

ね「ぶ」が、青森市のほうで、あんどんが立体的なヤツ。

ね「ぷ」が、弘前市のほうで、あんどんが扇形のヤツ。

「ねぶたもねぷたも、似たような感じじゃない??」と一くくりにしがちなんだけど。

当事者に言わせると、全くの別物!

先日、弘前出身の方に聞いた面白い話だけど、子どものころ弘前のねぷたで、「らっせーらー」(青森ねぶたの掛け声)と言いながら踊ると、大人にひどく怒られたそうだ。

同じ県内だから、引越したりした子供は、さぞ混乱するだろうな・・・。

ちなみに、我が斜里町に伝わったのは、後者のほうです。

そこで、前述のニュース。

はて、「のほうにもお囃子があるのだったろうか・・・?

見に行ったことあるけど、「らっせーらー」の掛け声しか記憶に無いのだが。。。?

掛け声に消されて聴こえなかったんだろうな。。。;;

さっそく、検索して、それぞれのお囃子を聞き比べて見る。

あっ、なんか笛の種類が違うんでない??

青森のは、篠笛なのね??弘前のは篠笛じゃないよねー??長さが違うように見える。「ねぷた用の笛」のはず。

(良い記事・画像見つけられず。。。)

お囃子の曲の名前は、ほぼ同じ。(「行進(進行)」と「戻り」。弘前にはさらに「休み」があるんだけど。)

しかし、曲の雰囲気がまるでちがう。

青森は、勢いのある感じ。対して弘前のは、しっとりと聴こえる。

同じ県内なのに、・・・見事な別方向の進化?というか。。。
ちらっと調べただけでも、こだわりというか、伝わってきます;;

思い返すと、私のふるさとの祭り、「さんさ踊り」も、地区ごとに踊りもお囃子も違っていました。

別の地区にはライバル心をもっていたりして。

つまり、昔はそれだけたくさんの(派閥ができるくらい多くの)人が、「横笛」でお囃子を吹いて、お祭りを楽しんでいたわけですよねー?

現代まで、その文化が伝わるほどのパワーですから!

きっと日本中それぞれの地区に、独自のお祭り・お囃子が伝わっている。

日本人は、世界有数の「フルート好き」らしいんだけど、そのバックグラウンドには、お囃子文化があり・・・

(無意識レベルの影響かもしれないけど・・・)

更に、整理された情報がないだけで、現代でもかなりたくさんの人が、ふるさとの祭りで「横笛」を楽しんでいる。

日本って、ひょっとして横笛大国・・・いや、横笛天国なのかな?!

・・・・などと、ギネス更新のニュースから、思いを馳せてしまいました。

もっと調べたら、面白そうだなー。

コメント

  1. プルメリア より:

    きゅむちゃん久しぶり!本館も見てるよ〜。
    斜里での生活満喫していて楽しそうだね。
    相変わらず趣味をとことん突き詰めてるね。
    横笛隊お疲れさまでした。昨日岩手二人会をして結構ハードだったらしいと聞きました。
    道東の夏を楽しんでね。夏風邪、夏バテには
    気をつけて。

    • cumucumu より:

      >プルメリア さま

      おお、おひさしぶりっす!コメントありがとう~~!
      こちらこそ、メールもしないでゴメン!
      趣味、突き詰めてるかなぁ。。。
      やってみたいと思っているほど、できてないけど、
      まあブログがあるので気持ちは持ちこたえています(^^;;

      秋にかけて、札幌何回か行くので、会えたらヨロシクです☆☆☆

  2. syunsuke より:

    偶然、このブログ見つけました!びっくりです!!

    ねぷた祭お疲れ様でした。

    南部藩と津軽藩はすごく仲が悪いと南部出身の医師が以前言っており、ねぷたのポスターを見る度に腹が立つ!とか言ってましたが、きゅむさんはめちゃくちゃ昼休みのコソ練とか、夜の全体練習でも頑張ってましたよねー。

    私達の会でも、フルート奏者の方がいて、ねぷた笛を吹いてます。
    フルートと横笛って似ているんですかね?

    私も練習&本番がハード過ぎて、祭が終わった次の日からずっと二週間も風邪をひいてしまい、微熱が下がらず痩せてしまいました。

    来年はヒカリゴケ笛(エコ使用)で参加するUクンに期待してやまない鉦叩きでした。

    • cumucumu より:

      >syunsuke さま

      見つかっちゃいましたか!すごい検索力っす!
      実は私も、ねぷたのことをしらべていて、偶然Gさんの「ヒロブログ」を見つけて、コメントしようとしていました(^^;
      (ネットの)世間は意外に狭いですねー。;;

      こちらこそ、ほんとにお世話になりました!
      新人なのに、みなさんに暖かく受け入れていただいて、調子に乗って図々しくしすぎたかなぁ、と反省してました;;
      結構KYなもので・・・(天然とも言われますが。。。うう)

      私の出身は岩手県盛岡市ですが、特に対抗意識が強いのは、青森県内の南部藩(八戸市周辺)のようですね・・・
      盛岡あたりだと、話には聞くのですが、あまり意識ないんですよね。
      (津軽の方からは、嫌がられてるかもしれないけど!?)
      でも、たか丸クンのお供の方から、こっそりシャーペンもらったしっ☆ルンルン。

      フルートなど、横笛族は、吹き方(息の入れ方)が、どれもほぼ同じです。
      材質が違ってたりするので、それぞれ特徴はありますが。。。
      例えば、普通のフルート(銀色のやつ)は、西洋音楽の楽器なので、音程が正確で、広い音域の音(約3オクターブ)が出せます。
      なので、シンプルな日本の横笛とは、音も雰囲気も違って聴こえますねー。

      私がこのブログで宣伝している、「クリスタルフルート」っていうのは、どちらかというと、日本の横笛に近いです。
      (音程悪いので、日本の横笛より、さらに未完成な感じです;;)

      と、長文レスでスミマセン!
      つい興奮しましたっ!
      コメントありがとうございました!
      天候が不順ですが、引き続きお身体にお気をつけて、今後もよろしくお願いいたします!

  3. syunsuke より:

    本当に悪天候ですね。

    台風による被害が、農作物や漁業関係に悪影響を及ぼしたり、災害が発生しない事を祈ってます。

    ちなみに災害が発生すると、災害対策本部が設立されて、動員されたりします。

    Yホールで行われた運行前夜の天気祭では、おかげ様で、楽しく過ごさせていただきました。

    実は私、U君とあんなに話したのって、初めてなんですよ~(笑)

    コケネタなどで盛り上がって楽しかったです。

    ちなみに色白子豚のような男、マルちゃんは12月の雪が降る季節まで、前浜(墓場横)にて、横笛&担ぎ太鼓の練習をしていました。

    大太鼓担ぎのカズは根北峠にある金山スキー場に夏場に現れ、キツネや熊しかいない林の中で登山囃子のCDを車のオーディオで鳴らしながら、太鼓を叩いて練習していたという、私を含めて、本当に馬鹿な連中ですが、以後よろしくお願いします。

    • cumucumu より:

      早めに台風が去ってくれてヨカッタですね!

      Uさんは、立場上、表向きは落ち着いた紳士を装って(?)いますが、普段はとっても面白い方ですよ!(見てたらゴメンなさーい!)
      子どものころ、横笛を習われていたので、私への笛指導は厳しかったですが(^^;;

      マル先生、前浜で練習してるんだ・・・!
      実は、私も前浜の某空き地で、時間のあるとき、銀のフルートと、クリスタルフルートの練習をしています(^^;;車の中ですが。
      練習場所は悩みますよね。
      楽器は、時間空いちゃうと下手になっちゃいますからねぇ。。。毎日練習できるとベストなんですがねぇ。。。

      大太鼓カツギさんといえば、二次会でもヒーローでしたね!
      ヒロブログの話題はビックリしたなぁ!モウ!
      皆さんのカッコいい登山囃子の演奏は、練習の成果なんですねぇ、やっぱり。

      では、こちらでも、あちらでも、そちらでも!(^^;よろしくお願いします~☆