頑張れ!クリスタル・ジャパン!

もうすぐバンクーバーオリンピック。北海道ではローカル番組でも、地元アナを現地に派遣するなどして盛り上がっています。北海道縁の選手が多いですからねぇ。

カーリング代表・チーム青森の愛称「クリスタル・ジャパン」に、妙に親近感を持ってしまうクリスタラーの方も多いのでは??;;

私たち「クリスタル・ジャパン」 チーム青森愛称決まる(リンク削除)

チーム青森公式サイト(リンク削除)

ロゴもなかなかキレイ。

「クリスタル」っていろんな意味があるんですよねぇ。

クリスタル [crystal]
(1)水晶。
(2)クリスタル-ガラスの略。
(3)結晶。

goo辞書(提供元「大辞林 第二版」)より引用

(クリスタル-ガラスって・・・何?こちらもどうぞ)

クリスタル-ガラス 同じくgoo辞書へ(リンク削除)

なるほど。

実は本サイト名の「クリスタルフルートを楽しむ」の部分は、サブタイトルとして最初から決めていたのですが。

メインタイトルについては、「硝子の横笛」の他に、もうひとつ候補があったのです。

まず、自分の趣味傾向から、どうしても色使いなどが和風に偏りがちなので、和風にしておいたほうが無難かなぁと。

さらに、屋号的な、一度聞いたら忘れられないような、変わったタイトルにできないかなぁと思っていました。

そこで考えたのが「北の玻璃笛」。

え?読めない?そうですよね。。。「きたのはりぶえ」と読みます。。。。

この「玻璃」というのが、英語のcrystalの意味に近くて、私の中では大ヒット。

玻璃 goo辞書へ(リンク削除)

実は、ロゴまで作ったのですが;;;

(画像削除)

しばらく眺めるうちに、うーん、ちょっとマニアックすぎるかなぁ。。。

クリスタルフルートはただでさえ、マニアックなのに、この説明でピンと来る人、日本で10人くらいしかいないんじゃ・・・
と懐疑的な気持ちになり、思いきってボツ!

次に思いついたのが無難なところで「ガラスの横笛」。

[製作途中のロゴたち(削除)]

漢字

硝子、はカタカナのガラスでもいいかなぁとオモッタのですが、友達の意見と、自分のインスピレーションを総合して決めました。

結果として、「横笛」というのがクローズアップできたのでよかったかなぁと思っています。今後、他の横笛の事も勉強して、横笛としてのクリスタルフルートを深めていきたいなぁ、という思いもあるので。。。

・・・大分話がそれてしまいましたが、2010年、”クリスタル”ブレークの年となるよう、是非カーリング日本代表チームには頑張っていただきたいものです!

頑張れ!クリスタル・ジャパン!

2020年2月追記:

やっぱり、10年も前の時事ネタ、って、スッカリ忘れているものですね・・・

表題の「クリスタル・ジャパン」、何かの日本代表の名前だったような・・・というところまでは、漠然と覚えていたのですが。

このときのバンクーバー冬季オリンピックの代表だった「チーム青森」への愛称で、日本代表の愛称だったけど、そのあとは使用されていないみたいです。

というのも、今やすっかり有名になった、常呂町の「ロコ・ソラーレ」などに選手が散って、チーム青森の活動が解散状態になり・・・

その後の日本代表は、それぞれチーム名があったので、おそらく日本代表の愛称は使われなくなったのですね。

なかなか、素敵な愛称だったんだけどもったいないですね。

現在は、同じ名前の(全然関係のない分野で)会社がいくつかあるようですよ。

コメント

  1. あき☆ より:

    初めておじゃましまーす。
    とっても素敵なタイトルだと思うよ、音色を聞くのが本当に楽しみです☆
    また遊びにきますね。