発表会終了~♪

ho-he-kan

札幌のフルート教室の発表会に出ました。

(という言い方は、正確ではないんだけど、まぁ大体そんな感じ(^_^;)

早いもので、今年で四回目。諸般の事情で、今年は透明な笛ではなく、銀色の普通のフルートでのソロにチャレンジしました。

曲は、安田芙充央さん作曲の「天上のフルート」(春)。

フルートの作曲編曲もたくさんされている有名な方で(私は全然知らなかったのですが)Nejuさんクリスタルフルートの動画でこの曲を知り、吹いてみたいなーと思っていたのです。

と、決めたはいいのですが・・・いきなり無伴奏で16拍延ばすとか、ロングトーンが各所に!

ううっ、こんなツライ仕事は今までさぼってきたのでできませんっ!でもこの曲吹きたい。。。
(´・ω・`)

先生からも、できるようになりますよ!と励まされ・・・練習したらなんとかかんとか、できるようになりました、形だけ。美しくないものの。

曲のフレーズを崩さずに、息をたくさん吸ったり、短い間で吸ったり。。。という「吸い分け」(?)や、曲中のロングトーンであまり息を出し過ぎず長く吹くのが、今まで難しかったのですが、少しコツが分かった気がします。

毎回気づきがあるので、やはり発表会はありがたい場です、なまけがちな私のような者には(笑)

でもでも、本番ではやはり少し緊張して、息が続かなかったところもありました。

いつも書いてるけど、本番でいかに緊張しないか、いや、緊張してもいいから練習の成果を出し切れるか、というのは永遠の課題ですよね~。

それを克服したくて続けてるようなところもあります、私の場合(笑)

もう一つ悔やまれるのが最後の高音部分です。

終盤の間奏の後、なんだか音が出にくいな、唇の当て方間違ったかな?と不安になってたら、案の定高音が出ない。

その日の朝、カラオケで練習したときも高音が駄目で。。。

確かに練習でも、上手く出せる日と、出せない日がありました。こういう苦手だと事前に分かってる部分は、120%できるようにしておかないと、本番で絶対しくじる私(笑)

リハでは、なんとかできちゃうから、油断するんだよな~。

演奏以外では、今回の会場は雰囲気がとても素敵でした。札幌の人ならみなさん知っている、重要文化財「豊平館」という建物のホールです。

音の響きは少なくつらかったのですが、まるで貴族のサロンコンサートって感じ!大人になってからの発表会なので、こういう要素があると思い出にも残るし嬉しい!贅沢な経験をさせていただきました。

そうそう、今年はチェロの生徒さんも一緒で。。。ますます優雅な雰囲気up!☆

来年も出れるとイイナァ☆
リハ中