目撃!尺ルート!!

6/26、津別町の「クリンソウまつり」に行ってきました。フルートとヴァイオリンのコンサートがあるという情報をキャッチしたので。

まあ、あるらしい、というくらいで、屋外で気持ち良さそうだし、クリンソウの群生見てみたいし、「ランプの宿 つべつ」好きだし、ドライブがてらいってみよー!と出発したので、よくわかっていなかったのですが・・・

フルートとヴァイオリンのデュエットかな、と勝手に思っていたのですが、実際はフルートとヴァイオリン、別々のアーティストの方の演奏が続けてありました(^^;

フルーティストの方は、谷藤 万喜子さん。

オホーツク地方で育った経歴をもち、今年からオホーツク観光大使をつとめられるそうです。

その関係で、今後オホーツク地方で演奏をされる機会が多いらしく、各市町村をイメージした花のオリジナル曲を作成しているそうです。

今回は、津別町と網走市の町花「エゾムラサキツツジ」と、クリンソウまつりにちなんで「クリンソウ」をイメージした二曲も披露されました。

これらが、フルートのよさを発揮した曲で・・・吹いてみたい!と思わせる曲でした。

いつか楽譜が出版されるとイイナァ。(私には難しそうだが)

さて、表題の件ですが・・・

谷藤さんのパートの最後のほうで・・・突然登場した、実のお父様の「谷藤紅山」さん。

ややっ、もしやこの方は。

オホーツク地方の笛吹きの間ではもちろん知らない人はいないという先生。

全国的・世界的にもあることで有名です。(私はこちらにきてから知ったんだけど)

みなさんは知ってますか?

右の紅山さんが演奏している「尺ルート」!!

谷藤親子の競演

しかも親子で、フルートとの競演です!

無料コンサートとはいえ、あんまりバシバシ写真を撮るのはどうかなぁと遠慮していたのですが、

撮らずにはいられなかった・・・・orz

(で、あまり真剣に曲を聞けなかったのですが)

演奏されたのは、コンドルは飛んでいく、と花祭り。

お二人とも・・・特に、お父様が楽しそうで楽しそうで。

娘さんとの競演、楽しいんでしょうね(笑)

思いがけず、尺ルートを初めて目撃&堪能させていただきました。

しかし・・・横笛しか吹けない笛吹きから見ると、やっぱり尺八は吹くの大変そうに見えちゃいます、頭を振るのが・・・

脳みそが崩れそうでコワイ。

ちなみに、後半はヴァイオリニストでシンガーソングライターの百花さんのステージ!

(一人でヴァイオリンとヴォーカル!某アーティストを思い浮かべてしまう?!のはきっと私だけ・・・?)

森の木陰から見えた空のような澄み切った歌声。特に高音が素敵!

妖精の森に舞い降りた、まさに妖精!という爽やかな歌声と演奏で、野外コンサートは幕を閉じたのでした。

Momokaさんのブログ:
クリン草フェスティバル*6/26

百花(momoka)さん