栗コーダーカルテットライブに行ってきました

ほやほやサイン!ヽ(*´∀`)ノ キャー
先日札幌で行われた、栗コーダーカルテットのライブに行ってまいりました!

大分、メジャーになってきた感もありますが、念のため説明すると。

ピタゴラスイッチのオープニングテーマとか、やる気の無いダースベーダーのテーマ、などが有名な、リコーダーを中心とした楽器を演奏する四人組です。

CMのBGMなども、かなり作られていますし、旅番組とかでよく使われがちなので、実は毎日、かなりの日本人が、彼らの演奏を耳にしているはず。

「題名の無い音楽会」に出演したときは、佐渡裕さんに「ロックスターのような、ぼくの憧れのグループ」と言わしめた実力派なんです。(^^;

このグループをハッキリ意識したのは、私の場合、楽譜やサンで楽譜集を買った時でした。

 

クリスタルフルートの楽譜として、リコーダーの楽譜が適している、とあちこちで薦められているんですが。

クリスタルを初めて間もない頃、楽譜やサンで目に留まったのが、栗コーダーの楽譜集

リコーダーの楽譜コーナーでは異色の雰囲気を放っていました(^^;

ほとんどが4重奏、どの曲も結構長くて難しそう。しかも「ピラゴラ」以外は知らない曲ばっかり。

オリジナル曲なのかなぁ・・・・?

さっそく楽譜と、楽譜に入っている曲が収録されているCD「栗コーダーカルテット アンソロジー」をget。

以来、かわいらしい感じがたまらなく好きになり・・・リスナーとして楽しませてもらっているのはもちろんのこと。

クリスタルでもなんとか吹ける!いつか全部吹きたい!

ってなかんじで、発表会のときに吹かせてもらったり、私の笛ライフにも欠かせない存在となりました。

 

で、肝心のライブですが・・・

あー、もぅー、なんていったらいいか・・・・・。

やっぱり音楽は、ライブにつきますね・・・・

上手すぎでした。CDに偽りなし。かつ、CD以上の感動!

音も、想像していたより、ずっと温かみがあって、迫力もあって、お話も面白くて、すごかったです。。。。

楽器の持ち替えも神業的。どうやって頭を切り替えているんだろう・・・・??

ライブの余韻を消したくないので、今しばらくCDは聴かないことにしようと思ってマス;;

片道7時間かけて行った甲斐があったぜ~ヽ(*´∀`)ノ

ちなみに、「ピタゴラ組曲」(ピラゴラスイッチのオープニング・エンディングテーマのほか、劇中曲を栗コーダ版に編曲して、組曲にしたもの。楽譜集2に収録)のときは、

会場の空気がシーン、と張り詰めました。

栗原さん、最後の最後で、間違っちゃったんですけどね!

いやー、あれ、むずかしいっすよね。やっぱり(^^;;;

 

以上、長文ゴメンナサイ。

広告↓

コメント

  1. シラスマ より:

    ご無事にお帰りになられたのですね~^^)
    知床の風景、楽しんでいますよお(こっちじゃないけど)。
    夏にでも遊びに行けたらいいなあ。博物館寄りますね!!
    今度は知床の海とクリスタルフルート、な~んていいのではないですか??

    • cumucumu より:

      はいー、無事に帰ってきました!
      ありがとうございます(*´∀`)ノ
      知床といえば、アノ曲かな、ということで、今、
      クリスタルで「知床旅情」を練習しています(^^;;

      アンサンブル行くと、楽しくてやる気が出ます~!
      なんとかまた、行けるといいな・・・
      札幌に行けたときは、またよろしくお願いします~!