最初から難しい曲を吹かない【クリスタルフルート 吹き方】

クリスタルフルート楽譜、レッスンで使用した楽譜はファイリングして保存♪

これも、最初のレッスンでのことなのですが。

何ヶ月か独学でクリスタルを吹いていたことを先生に伝えると、

「今練習している曲を吹いてみて」と言われました。

おずおずと「アヴェ・マリア」(シューベルト)を吹いてみる私。。。(かなり緊張。)

すると、一言、

うーん、まだちょっと早いかなぁ?」とのお言葉。

そうか!!

・・・・・まだ早かったのか!どうりで吹けないはずだ(^^;

何でこの曲を吹いていたかって言うと、一応自分はコンサートフルート経験者だし・・・

あんまり簡単な曲でもつまんないし・・・と、「クリスタルフルート」さんのサイトで紹介されている中から、中級程度っぽい曲を選んで練習していたのでした。

指使い的には、少し頑張って動く程度なので、自分ではちょうど良いと思っていたのですが・・・

ここでの教訓は、毎度のことながら「先生に見てもらうと、自分では気づけない重要なことに気づける」ということと、

他の楽器経験があるからと言って、自分の腕を過信せず、基礎から練習する

の2点。

その後、半年~一年くらいかけて、初級の楽譜を地道に練習しました。

初級が簡単すぎて苦痛、という人は、一日に何曲も、消化しちゃってもいいかと思います。

とにかく、一歩ずつ、前進です!

そのうち身体が、「クリスタルフルートに」、慣れてくると思います。

気がつくと、吹けなかった曲も、すんなり吹けるようになるでしょう。

教室にいけない方のためにお勧めなのが、斎藤信彦先生が出版された楽譜集です!

クリスタルフルートのための小曲集~第1集・初級(Dピッコロ/Dフルート用)斎藤信彦編

曲ごとに、使用する音域が明記してあり、自分が少しずつ上手くなっているのが、目に見えて分かりそうです!

今のところDピッコロのみなのが残念ですが、Gフルートの方も、「移動ド」であれば、この楽譜のままでいけると思います。。。

(でも、最初はややこしいかな・・・このネタ(移動ド・固定ド)はまた後で(^^;)

って、実は私は、中級レベル?になった頃に、こちらの楽譜集が出版されたので、残念ながら購入していません。(目次とサンプルページだけで、内容の充実度は判断できます!)

中級・上級レベルの楽譜集の出版も熱望です~!

って、話がそれちゃいまして、いつもすみません(^^;;